心臓がなる

家族の変化は大きければ大きいほど
全ての流れにかかわっていく。

それは学生の頃に終わっていた。
でも、どうやらまた起こりそうだ。

昔のあの時のように子供じゃない。
だから、もっと落ち着いてまたみんながある流れにのれるように
私もゆったり加わっていきたい。

きっとイライラじたばた怒ったり泣いたりため息ついたり…もあるだろう。

昔の様々なことを思い出して 心臓がなる。うつ。
でもきっと大丈夫。大丈夫。

変化は怖い。でも、今までだって死ぬほど怖いことだって乗り越えて
今に辿り着いたんだ。

感謝していきている。
だいじょうぶ。
なんにも心配はいらないよ。

それに、誰かが死ぬっていう訳じゃない。
大事なひと・愛する人を失ったら、(それは必ずくるのだけれど)
わたしはきっと死ぬのだろう。何かがなくなって死んでしまうんだ。
そして、もっと強く激しく穏やかに生きていくんだろう。

きっと
死があってよかったんだ。
絶対に死んだり病気にならないのならば地獄だ。
なにもしないで裸同然で野原に寝ころんで食べて寝て歌って…
なんにも感じなかっただろう。
[PR]
by anthology11 | 2008-02-07 19:12 | 秋田での日々