ブルーバード

昨日、カフェ ラ モール(青い鳥のレストラン)さんの
通常営業中にAWC秋田ポエトリーリーディングを開催させていただきました。

「ブルー バード」といえば、
小さい頃、劇や童話で何度も触れてきました。

今回、「青い鳥のレストラン」のご協力を得られるということで、
図書館からモーリス・メーテルリンク作「ブルーバード」を借りてきて
12月にじっくり読んでのぞみました。

原本に近い童話を読んだ感想は…「もの凄く面白かった!」
ただのキレイ事ではなく、登場人物の猫や犬、火や水、パンや砂糖、
そしてチルチル ミチル のわがままや性格が如実に表れていて
声を出して笑いながら読みました。

こんなに面白い童話はいつ以来だったでしょうか。

少女の頃、
ミヒャエルエンデのジムボタンシリーズなどいろいろ読み漁ったものです。
でも、大人になってめっきり読まなくなって。
父母に買ってもらった子供の頃から持っているハードカバーの「ジム・ボタン」たちは
今でもとても大切なものです。
すぐ傍、
そこの本棚にあるけれど、手の届かない秘宝のように。
数年前、何度か、もう一度読もうと開きかけたもののなぜか?読めませんでした。

けれど、今回こうしてくすくす笑いながら「ブルーバード」を読めたので
もうそろそろ、また童話たちに触れられるかもしれません。

さて、
青い鳥のレストランの空間美・お料理・音楽
ヨシロウさんのテーマに近づいて昨日はお店のドアを開けたつもりでした。

朗読会に遊びにいらしてくださったみなさん、本当にありがとうございました。
私はやっぱり、小説・童話・絵本・かみしばい・詩 が好きです。
そして、人が好きです。

贅沢な時間をありがとう。
青い鳥のレストランの皆様、ご協力ありがとうございました。

昨日のわたしは、つい夢見がちなお人形ではなく、
まさしく!「ブルーバード」の登場人物のように
熱く駆け抜けおどおどし、そして心安らかになれた 新春ポエトリーリーディングでした。

とっぴんぱらりのぷぅ

***
ちなみに、わたしの一番好きな色はブルーです。
f0138505_1539722.jpg

(図書館の本の絵より メーテルさん)
[PR]
by anthology11 | 2008-01-14 07:32 | ポエトリーリーディング